ヨヨコのまったり日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月
2009年04月30日 (木) | 編集 |
新生活からやっと1ヶ月です。仕事も慣れてきましたが疲れます…。
楽しいんですけどね!いいことも沢山あるんだけどね!相変らず考えすぎっぽい。

以下チラシの裏…久々にgdgdと思いのたけを!ヽ(`Д´)ノ
仕事話なんでスルーでおk(゚Д゚;) 興味ある方はどぞー。

一般の居宅ケアマネと包括の違いに悪戦苦闘です。
居宅の時は出来ていた事がこっちではそうはいかない。
ぶっちゃけ居宅の時って会社のケアマネになるので
当然ながら会社利益を上げないといけないのもあるんですよね。
自立支援と言いつつも結構過保護にサービスが入る場合もあり…。
監査などもあるのでそこらは適切に入っていると言えば入ってますが
ケアマネの判断でサービスが導入されるので、要はケアマネ次第なんですよね。

居宅の場合どうやって現状維持していくかとか、改善という可能性が低いのもあって
いかに楽にするか、気持ちよく過ごしてもらうか、不安や辛さを軽減するかという方に
力を入れるんですよね。中には改善傾向に行くことができる人もいますが
悪化していく人の方が多いのが現状…。なのでサービスに依存する方が多いかもしれない。

まあ介護も予防も基本的に考え方は同じなんだけど。
予防の場合改善される事が可能な人たちばかりなので、自立へ向かって
今度はサービスを減らしてゆく事になるんだけど、なによりそこが難しい…。

相手が受け入れにくい事実を、どう言えば受け入れてくれるのかなと。
状態があり、その原因は、根拠は、その結果、必要のない所は削りますと
言っても受け入れてもらえないとどうしようもない…。
給付適正と言いますが、必要な所だけにサービスを入れるわけで。
まあそれが本来あるべき介護保険の姿なんだけどね。

かといって何でも削れというわけでもなくて、
必要だと思う根拠や理由を、きちんと明確にする事とか、
医学的判断ならば医師の指示を仰ぐとか、それらを踏まえたうえで
総合的に判断したのがケアマネですと言い切れる自信が必要で
ケアマネの見立てや判断が問われる訳で。専門性ってやつですかね。

…毎回自分の判断は果たしてあっているのかと(´Д`;)
…専門性?あるのかなんてわかんないよね。でも、ケアマネ=介護支援専門員ってんだから
あるということになってしまうのががが…勉強しないとorz

先輩に、「今が一番辛いよね、俺も去年そこで苦しんだよ」と言われ、
すごくホッとしました。居宅を経験してると、このギャップに苦しむそうです。
その後、「でもこの苦しみはあと半年続くよ」と言われてショックw

でも初めて特定高齢者の方のプランを作ったのですが、
その方が支援事業に参加するとお返事を頂きまして、とっても嬉しかったかな。
何だかんだと1ヶ月で新規4名のプラン作成…頑張ってると思いたい!(゚Д゚;)

何が言いたいって…予防プランむずかしいよ(ノ ̄□ ̄)ノ ┫〝〟∵
介護プランに慣れすぎてなかなか…(´Д`;)
そしてこないだのNHKスペシャル見逃して涙目。どっかにUPされるのを待つよ…!

GWは特に予定ないので家でごろごろしたり近所に遊びに行ったりしようかなとか。
頭の中、ごちゃごちゃしすぎなのでお休み使って綺麗にしたい今日この頃。
マッタリが一番だね~(´ω`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。