ヨヨコのまったり日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴かぬなら
2010年10月16日 (土) | 編集 |
信長 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
秀吉 「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」
家康 「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」

皆さんはどれでしょうか?なんて思ったり。

身近?に信長のような考えの人がいたようです。(以下信長とします)
信長が悪いわけでもなく、してしまったことを問い詰める事もしません。
そういう行動に至るまでの背景に、ホトトギスが信長に何か嫌なことしたかもしれない。

殺してしまったホトトギスは帰ってこないので、
大事なのは原因、背景、感情、思考を知ること
原因を知り、対策をねる。今後自分がどう動くべきかを考える訳で。

しかしながら私の頭は理解力が悪いので、そういう時は調べる&考える。


信長の心理ってどういうのかなと考えたところ…


ホトトギスが鳴かない → 見る、聞く、臭い、触るなど、五感で感じる → 織田信長の認知(考え方や価値観など)) → 感情(腹が立つ、怒り) → 症状、結果、行動など(殺す)

あとは自分を守りたいという自分本位な心理もあるかもね?
感情のコントロールがうまくいかない、安定性が低いのかもしれません。

中国の心理論文の日本語訳から以下抜粋。サイト→ 

「諦めない」ということを心理学的に定義してみれば、感情の安定性が高い状態だと言える。人間の感情は常に揺れるものだ。高揚することもあれば、ドーンと落ち込むこともある。しかし、感情の安定性が高いと、すぐノーマルなポジションに戻ることができる。反対に、感情の安定性が低いと、1回戦に負けただけで「俺はなんてダメな武将なんだ」と投げやりになってしまったり、1回戦に勝っただけで「俺は戦の天才かもしれない」などと慢心してしまうことになる。

感情が大きく揺れてもすぐ元に戻るためには、思考の柔軟性が必要だ。これを心理学用語でレジリエンス(困難な環境を生き抜く適応能力)と呼ぶ。レジリエンスはいかにすれば獲得できるかと言えば、自助努力では不可能なのだ。周囲の人々の言葉に耳を傾け、それを受け入れることでしか思考の柔軟性は獲得できない。やはり大切なのは、優れたサポーターを持っているかどうかなのである。



この思想から行くと、周囲にどれだけ自分をサポートしてくれる人がいるかどうか。
信長にも秀吉にもサポーターいたけど亡くしてしまった事によって転落し、
対する家康には三河武士団というサポーターがいたから天下統一を成し遂げたのではないかということらしい。

うーんまさにその通りなのかもしれないなあと思ったり。
しかしながら本音のところはその人にしかわからないんだけどさ!ってそれ言ったら
本末転倒なんですけどね。うーんうーん。

そういえば信長の最後は本能寺でしたね…敵は本能寺にありともいう。
これを言ったら明智光秀の考えに関しても、いろんな仮説があって…って話がそれた。
歴女じゃないからそこまで詳しく知りませんが。

うーん。こういう何だかもやもやした気持ちを
孔子や孔明が目の前にいたらやんわりとヒントを出してくれるのだろうか。

結局色々考えたけど、信長の気持は仮説でしかないから、本当の原因は不明で
落ち着いて相手の行動に備えることが大事なのかもしれない。

と、この文章を書いていて思い出したのが、99歳の柴田トヨさんの詩。
振り込み詐欺の人にむけて書いた詩だそうです。
ぜひ信長さんにささげたいと思う。


「 今 あなたのしている事を知ったら あなたの家族は どう思うかしら

 子どもの頃(ころ) あなたには やさしい心があった筈(はず)

 風の囁(ささや)きも 聞こえた筈よ

 弱い人たちを 苦しめないで その知恵を 良い事に使ってください 」


世の中十人十色で色んな人、思考があるなあと実感した日でした。

長いつぶやきサーセンorz
コメント
この記事へのコメント
秀吉
僕はどっちかっていうと秀吉です。
でも適当なタイミングまでそれを試みますが
制限時間が来たら殺しちゃうと思います

信長もいきなり殺したりはしない
きっとあれこれやってみて、でもやっぱりムリだから殺してしまう
そういうタイプなんだろうと思う。

そういう意味では信長も秀吉も似てるんじゃないかな
まあ勝手な想像だけどw
2010/10/16(土) 17:28:13 | URL | きゃべし #-[ 編集]
Re: 秀吉
>きゃべつ
コメありがとー(つд`)
私は家康+秀吉?秀吉みたいに色々試してみたい!という気持ちもあるけど
大概は待って様子見かもしれない…。

そうねー信長も秀吉も似てるのかもねー。
優秀な部下や周りのサポートがあれば
家康みたいに長い時間天下統一できたかもしれないね。

人の心理は難しいなあと思う今日この頃でした。
2010/10/16(土) 18:45:27 | URL | ヨココ #-[ 編集]
No title
鳴かぬなら泣かしてやんぜ!

私は信長か家康かな?

自身で鳴くように少し手を貸して
ダメなら相手にしない
もしくは
鳴かないホトトギスとして扱う

前者はあまり大切に思えない人や物
後者は大切にしたい人や物

どういう物かによって対応かわるよね
2010/10/17(日) 05:19:06 | URL | 耶麻師 #-[ 編集]
Re: No title
>ヤマッシ
そうだねーホトトギスが本人にとってどういう対象なのかで
対応が変わってくるよね。
信長だって毎回毎回どの対象も殺してるわけじゃないしね。

毎回様子を見る、手をかけないことが優しさじゃないし
時には厳しく行くことも必要だしねw

コメントありがとねー!何だか悩むとgdgdしちゃうのよねえ;;

2010/10/17(日) 08:56:22 | URL | ヨココ #-[ 編集]
No title
鳴かぬなら ボク泣いちゃうよ ホトトギス
2010/10/18(月) 09:48:55 | URL | KOP #-[ 編集]
Re: No title
>KOP様

泣いちゃうKOP様にはネギを…っ >----

私も自分から泣いちゃうかもね!w
2010/10/18(月) 19:44:38 | URL | ヨココ #-[ 編集]
No title
複雑に考えられてるようですが
ホトトギス=欲しいモノ(愛でるモノ・利用価値のあるモノ)
であって、信長の場合は自分の手に入らなければ他人に愛でられたくも利用されたくもないから消しちゃえ!っていう一種の独占欲のような気がします~決してホトトギスが信長に嫌な事したとかっていうわけじゃなく~
まぁ利用価値のあるモノは敵の手に渡れば逆に自分が危なくなるワケですから、消すのが手っ取り早い対処方法ですよね

秀吉はどんな手を使っても味方に引き入れようとし、家康はそのうち自分のとこに来るだろうと(まぁ最初は人質の身だったし・・・でも裏で策略練ったりしてるけどね)

私の場合はどれにも当てはまらないかなぁ・・・
鳴かせようという努力もしないし、鳴くまで待てるほど執着心がないって所で~
2010/10/20(水) 04:12:22 | URL | 通りすがりの貴腐人 #SFo5/nok[ 編集]
Re: No title
>通りすがりさん
コメントありがとうございますー!
ホトトギスが何であるかっていう部分でその発想がなかったΣ(゚Д゚;)
とても素敵なコメントありがとうですw ちょっと私も偏った見方していたのかも。
あの句はそもそも比喩的なものでありますものねw

自分にとってプラスかマイナスか、ということだけで
物事を捉えると手に入れる⇔消すの2極になりがちなので、
この辺を日本人の特有の曖昧さとかグレーというのが
柔軟に物事を考えられる、物腰の柔らかいのがいいのかもと思ったり。

こうやって色んな方にご意見頂けてとても嬉しいです。
こんなブログですがたまに覗いてやってくださいw
2010/10/21(木) 01:19:59 | URL | ヨココ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。